ナースではたらこ転職

看護師が転職するとき

看護師の方が職場を変える時にも、面接対策は欠かせません。

看護師がご自分に合った仕事を探すなら、
第一に待遇で何を重視したいのかを明らかにしておきましょう。

夜勤はできない、休みはたくさんあるほうがいい、敬遠したい仕事、
たとえばお亡くなりになるときなど、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。

ただし、面接者の評価が悪ければ、選ばれない可能性があることを忘れてはいけません。

ご存知のように専門職である看護師が不足し困っている職場は多いため、
合わないと思われる職場で我慢して勤める必要はないのです。

看護師が転職する時のポイントは、
やめる前に新たな職場を探しておいたほうが良いということです。

それに加え、3ヶ月程度の期間を就活にあてて新たな仕事を見つけることを勧めます。

急いで決めた仕事だと、新たな仕事もまた辞めかねないので、
自分の希望に合う仕事をじっくり見つけましょう。

自分の希望する条件をハッキリさせることが重要です。
現代は高齢化が進んで、福祉施設でも看護師のニーズも広がってきているのです。

産業看護師とは、企業を職場とする看護師のことを指します。
加えて、大企業になると看護師が医務室などにもいて、
健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを手がけています。

このようなケースは、社員としてその会社や企業に入社することもあるようです。

看護師と聞けば病院やクリニックをイメージする人が多いですが、
医務室などを設けている会社もあります。

具体的な仕事内容やその役目は勤務会社により多様ですが、
従業員の健康を守り、管理することが企業に求められているからです。

 

サイトマップ

ライブチャット 比較